フォローしてブログを読む

料理するタイミングは、2才娘がシンクで水遊びしているとき

  • URLをコピーしました!

 

ワンオペの平日夜ご飯は、子どもたちがお昼寝中に作っている。

ササっと作ってラップをかけて冷蔵庫。あとは夜ご飯の時間になったらチンして食べる。
私も娘も、夜遅く帰宅する夫もそう。

しかし、ここ最近、2才の娘がお昼寝をしなくなった。

お昼寝を嫌がり、「ママあそぼ~!」と言われては遊ばないわけにはいかない。
けれど、夜ごはんを作らなきゃ、という気持ちもある。
2才児の前で、料理する・・・???

いや、ぜったい、無理だろう!?
いろいろ手を出すかもしれないし、逆に退屈で「ママ抱っこママ抱っこ」を連発するかも。料理どころじゃないかもしれない。

そうやって最初は料理をすること自体を諦めていたけれど、昨日なんとか娘を横に料理をすることに成功した。

子どもが小さいうちは、料理は簡単でいこう。包丁を使わず、短時間で、簡単にできるもので。

 

目次

昨日もお昼寝しない2才児

今週の大半は2才娘はお昼寝しなかった。
寝かせようと思っても、一人でキャッキャ遊んでばかり。
(寝かしつけは私も寝たふりをするから、正当に横になって休める貴重な時間。)

一昨日も寝ず、夜ご飯が作れなかったため冷凍からあげで済ませた。

昨日も寝なかったが、料理をしないと食べられるものがなかったため何とかキッチンに立たねばならない。

いつ料理しよう?娘はどうやったら1人で待てる?
うちにはテレビがない。Youtubeを見せようか?

料理のタイミングを計る。

娘をシンクで遊ばせているうちに

結局、昨日私の料理中は2才娘は横のシンクで遊んでてもらった。

私が料理を始めたタイミングはこうだ。

0才の息子に使った哺乳瓶を洗おうと私がシンクにいたら、娘が「やりたい!」と言い出す。
最初は迷ったけど、「娘にここで遊んでもらって、そのうちにご飯つくっちゃお!」と考え、娘をシンク前に立たせる。
スポンジに洗剤をつけて、哺乳瓶を洗う娘。そのうち周りにあるコップとかも洗い出す。

よしよし。水遊びに集中してくれてる。
娘に水を与えるとびしゃびしゃになるからいつもは悩むところだけど、今は私が料理に集中できる方が大事。

さぁ。娘が哺乳瓶を洗ってくれる(遊んでいる)あいだに、私はレッツクッキング!

2才児がいる中で自分のやりたいことをするには、タイミングをつかむことが大事よね。

育児してたら「いまだ!」という瞬間を逃さないスキルが磨かれた気がする。

料理は簡単なものしか作らない

特に上の子が2才になったときから、私は料理に時間をかけられなくなった。

ただでさえ料理は苦手だけれど、子どもたちのお昼寝の時間という、貴重な時間を料理だけに費やすわけにはいかない。
掃除、洗濯、食器洗い、もろもろ、やることが溜まっている。
自分の時間も捻出せねば。

だからできるだけ短時間で作れる料理ばかりが食卓に並ぶ。

野菜炒めとか。キーマカレーとか。麻婆豆腐とか。

逆に煮物みたいな長時間火にかける料理はまずやらない。

 

昨日も、炒めるだけ料理だった。

愛用のCOOKDO~~~~~

野菜はカット済みのものを。肉は手でちぎる

昨日作った、COOKDOのとろ卵豚キャベツ。

必要な材料は卵、キャベツ、豚肉のみ。
野菜とお肉を炒めてCOOKDOを混ぜて、最後に溶き卵を回し入れるという、行程が超少ない料理。

私はこいうの大好き。

で、その中でもさらに時短するために、キャベツはカット済みのものを使用した。

包丁は使わない。不器用な私が包丁を使うと余分な仕事が増える(切るのが遅いうえ、まな板から野菜が散らばって片づける手間が増える)。
昨日は子どもたちが横にいるため包丁なんて絶対に使えない。危ない。

そして昨日使ったお肉は豚バラ肉。

これは、手でちぎった。一口大くらいに。

お肉は綺麗にちぎるのは難しく、長さがバラバラだし繊維がびよ~んと出てるけど、いい。そんなことは気にしない。

 

あとはこれを炒めるだけ。包丁いらず。

 

昨日に限らず、私はいつもこうやって料理をする。

カット済み野菜と、ひき肉とか小間切れとか(包丁を使わなくても調理できるやつ)のお肉を炒めて、味をつけて、完成。

それぞれのお皿に盛って、ラップして、フライパン等洗って片づけて・・・とやっていたら、30分強はかかっているかなぁ。
これ以上の時間はかけられない。

だから我が家には冷凍食品がいっぱいある。

冷凍野菜。冷凍からあげ。冷凍フルーツ。

逆に冷蔵庫はからっぽの有様。

今は子どもと対面する時間を作る方が大事

最近は2才娘がお昼寝しなくなったため、料理だけに集中することも難しくなった。
昨日は娘をシンクで遊ばせながら横で料理する方法をとる。

今は本当に簡単に作れる料理しか作っていない。

子どもたちには手の込んだものを・・・とか思うときもあるけれど、私じゃそれはできない。

子どもたちが小学生くらい大きくなったら料理への考え方もまた変わるのだろうけど、今は料理は食べられれば良いくらいの気持ちになっている。

苦手な料理に奮闘して時間をかけるよりも、子どもと向き合って過ごすための時間を作るほうが私は好き。

しかもCOOKDOとか、美味しいし。味が濃いから素の量は減らすけれど。

今日も今日とて、簡単調理。

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
ブログ村のランキングに参加中です。「いいね!」の気持ちで応援クリックして頂けると嬉しいです♪

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる