不妊治療

【妊活中】自分に合う鍼灸院を選べた4つのポイント

ちょここ
ちょここ
こんにちは!ちょここ@chococo_timeです!

私は不妊治療をしている当時、鍼灸院に通っていました。

不妊治療をしている方で、鍼灸院に通う方は多いと思います。

今回は、鍼灸院に行きたいがどうやって鍼灸院を選んだら良いかわからない方に向けて、私の実際の体験談を紹介します!

鍼治療を受けようと思ったきっかけ

不妊治療をしていても妊娠しなくて、何か良い情報はないかとネットで調べていたときのことです。

「鍼を受けたら妊娠しました!」

とか、

「鍼は妊娠しやすい体づくりができます!」

といった口コミを何度も見かけました。

この時は東洋医学の鍼治療に対しては、あまり良いイメージを持っていませんでした。

しかし、当時私は韓国時代劇のドラマを見るのにハマっていて、「王妃は子どもを産んでこそ王妃だ」という価値観のもとで王妃が何度も鍼治療を受けたり漢方を飲みながら、切実に妊娠を望む姿を見ました。

400~500年くらい前の女性も、妊活を頑張っていたんですね。

私はそんな王妃の姿を見て、こう思いました。

ちょここ
ちょここ
鍼治療はこんなに昔から存在する治療法で、現在もそれが受けられるということは、鍼治療って悪いものではない!?

人が価値のないと思ったものは廃れていくものですが、500年も技術が継承されているのは、鍼治療を受けて妊娠できる人がいるからだと考えました。

私はこうやって韓国ドラマの影響を受けて、鍼治療を受けよう!と決めました。

私が鍼灸院を選ぶ基準にした4つのポイント

鍼治療を受けよう!と決めてから、近所に「不妊に効く」鍼灸院があるかをネットで検索しました。

すると、何か所か出てきました。

どこの鍼灸院も「鍼治療を受けたら妊娠しました!」という口コミを載せていて、何を基準に鍼灸院を選んだら良いのかとても迷いました。

そんな私が実際に鍼灸院選びの基準にした項目は、

①不妊に効果があること

②行くのが億劫にならない距離であること

③毎回同じ先生に施術してもらえること

④自分の払える料金であること

の4つです。

不妊に効果があること

これは鍼治療を受ける目的そのものなので、大事なポイントであることは言うまでもありません。

鍼治療を受けて妊娠したという実績があったり、経験豊富な先生がいるといった面に注目しました。

行くのが億劫にならない距離であること

鍼治療は定期的に通うことになるだろうと考えたので、できるだけ家や職場に近いところが良いなと思いました。

毎回同じ先生に施術してもらえること

自分の体の変化を詳しく見てもらうにはずっと同じ人に担当してもらうことが一番良いかなと思いました。

また、不妊治療というデリケート話をするのに毎回担当者が変わるのは嫌でした。

自分の払える料金であること

不妊治療はただでさえ経済負担が大きいですから、できるだけ料金は安く済ませたいのが正直な気持ちでした。

私が実際に選んだ鍼灸院

ネットで調べたいくつかの候補の鍼灸院の中から、私はこの4つのポイントと照らし合わせて「自宅から一番近い、子宝に自信のある先生がやっている鍼灸院」を選びました。

ここで、私の通っている鍼灸院をA鍼灸院とします。

A鍼灸院の特徴

・自宅から徒歩10分

・先生が1人で経営&施術をしている

・先生の鍼灸師歴が約20年

・今までに6000人以上の患者さんの治療をしている

・先生が子宝に自信がある

・鍼、お灸と吸玉の約1時間の施術で6500円

A鍼灸院は、私の「鍼灸院を選ぶときの4つのポイント」にほぼ当てはまっています!

ただ、④の「払える料金であること」の面からみると、1時間6500円は決して安い金額ではありません。正直、行く前はとても迷いました。

しかし、その他は私の望む通りの鍼灸院だったので、まずは行ってみることにしました。

初めて施術を受けた結果、6500円を出す価値がある満足のいく内容だったので、妊娠するまでずっと通っていました。

この鍼灸院を選んで良かったポイント

私がA鍼灸院に通い続けたのは、以下のポイントがあるからです。

Ⅰ鍼治療後に卵胞が大きくなる

Ⅱ妊活に良い情報を聞ける(食べ物や体を温める方法など)

Ⅲ自分が住んでいる地域の情報を知れる

Ⅳ他の患者さんがいないので気楽

Ⅴ担当の先生が変わることがない

Ⅰ鍼治療後に卵胞が大きくなる

私は多嚢胞性卵巣で「卵胞が大きくならない&排卵しない」という排卵障害があるのですが、鍼治療後には毎回卵胞が大きくなりました。(※排卵誘発剤も飲んでいます。効果はあくまで私の場合です。

私の不妊の原因にピンポイントで効いているので、これはすごい!と思い毎月排卵前にA鍼灸院で施術を受けました。

ちょここ
ちょここ
A鍼灸院の先生の鍼、めっちゃ痛くて毎回叫んだよ。先生曰く「痛くないと意味がない」そう・・・

やはり、先生の鍼灸師歴が20年くらいあり、治療した患者さんの数が6000人以上ととても多いので、高い技術を持っているんだなと思いました。

子宝に自信があると謳っているだけのことはありました!

Ⅱ妊活に良い情報を聞ける(食べ物や体を温める方法など)

先生は、妊娠するために体に良いことをたくさん勉強していました。

鍼灸院に行く度に、体を温める食べ物や体を冷やさない方法などを教えてくれました。

Ⅲ自分が住んでいる地域の情報を知れる

自分の家から近い鍼灸院なので、その地域の患者さんが多く来ています。

「今度お祭りがある」とか「ここのお店はおいしい」といった地元ならではの情報を得られます。

こういった世間話でも、話をしていると私はストレス発散になりました。

不妊治療の話を聞いてくれることも良いんですが、世間話で不妊治療のことを忘れられる時間があるのも良いなって感じました。

Ⅳ他の患者さんがいないので気楽

A鍼灸院は先生が1人で施術&経営をしているので、患者さんは自分だけです。

そのため、どんなデリケートな不妊治療の話も周りを気にせず話せます。鍼が痛いときは思いっきり叫べます(笑)

Ⅴ担当の先生が変わることがない

先生が1人しかいないので、行く度に担当の先生が違うといったことはありません。

1人の先生に自分の体の経過をみてもらうので、より自分の体に合った鍼治療を受けることができます。

例えば、「いつもより今日は体が冷たいからここに鍼を打つね」というように。

まとめ

私が鍼灸院を選ぶにあたって基準にした4つのポイントは

①不妊に効果があること

②行くのが億劫にならない距離であること

③毎回同じ先生に施術してもらえること

④自分の払える料金であること

です。

この4つに沿って鍼灸院を探した結果、自分にとても合う鍼灸院が見つかりました!

A鍼灸院は1時間の施術で6500円と他院よりも高めの料金ですが、私には6500円を払う価値のある鍼灸院でした!

鍼灸院選びに迷っている方に、少しでも参考になると嬉しいです!

ちょここ
ちょここ
最後までありがとう!ちょここ@chococo_timeもよろしくお願いします♪
不妊治療費 正社員&パートの我が家のやりくり不妊治療を経験した私たち夫婦。治療当時は、夫は正社員、私は扶養内パートで働いていました。私たちの家庭では、不妊治療費は「私の給料から払う」というスタイルを取りましたが、そこに至るまでの経緯や考え方をまとめました。...
仲良し夫婦の私たちは出会ってからケンカなし!その理由を考えてみた! 私たち夫婦は結婚3年目です。私たちが出会ってからは4年が過ぎました。 そんな私たち夫婦の自慢の1つは、「出会ってから一度も...
タイミング療法と人工授精の毎月の費用を比較!不妊治療中にかかった、タイミング療法と人工授精の費用を比較しました。月で比較すると、その差は約3万円。保険適応か自費になるかでこのくらいの差があることがわかりました。...
ABOUT ME
ちょここ
ちょここ
結婚3年目、スーパー優しい夫との夫婦仲はどんどん向上中! 現在第一子を妊娠し、夫と子どもと”ほんわか家族”を目指します* 出産前には退職し専業主婦になる予定。家族大好き! 結婚や家族のエピソードなど発信していきます♪