妊娠・出産

妊活中は歯科検診も大事!不妊治療中の歯科検診の受け方の実際

ちょここ
ちょここ
こんにちは!ちょここ@chococo_timeです!

突然ですが、みなさんに質問です。

最後に歯医者にかかったのはいつですか?

子供のころは、学校の健康診断で歯科検診があったり、虫歯になって歯医者にかかるなど、歯医者が今よりは身近だったと思います。

では、大人になってからはどうですか?

私は、不妊治療中に恥ずかしながら5年ぶりに歯科検診を受けました。

実は妊娠と歯医者ってすごく深い関係があるようです。

妊娠と虫歯の関係

虫歯菌は、妊婦さんや赤ちゃんに怖い影響を与えることもあるんだとか。

妊娠中の虫歯の影響

赤ちゃんへの影響

妊婦さんが虫歯になると、赤ちゃんに影響することがあります。

なぜなら、虫歯の原因となる歯周病菌は、胎盤を通ることができるから。

胎盤を通れるということは、歯周病菌が赤ちゃんの体内に侵入して悪さをすることもできるわけですよね。

子宮への影響

歯周病菌は胎盤を通って子宮全体に悪さをすることもあります。

そうすると、菌の刺激により子宮は収縮してしまいます。これは早産につながってしまいますね。

妊娠すると虫歯になりやすくなる

今は虫歯がなくても、妊娠すると虫歯になりやすくなります。

その原因は、2つあります。

女性ホルモンの影響

エストロゲンには歯周病菌を増やす作用があり、プロゲステロンには炎症物質を刺激する作用があります。

このようなホルモンの影響で虫歯や歯茎の炎症ができやすい状態になります。

つわりの影響

妊娠中はつわりがある人が大半ですが、つわりのときはまともに飲食ができないので唾液の分泌量が減ります。唾液は噛むことによって分泌され口腔内を綺麗にする役割があるので、食べ物を食べられないと唾液の分泌が減って口腔内の環境が悪くなります。

つわりのときは歯ブラシを口に入れるだけで吐いてしまう人もいるので、まともに歯磨きができないことも虫歯になりやすい原因です。

妊娠中期から後期(妊娠16週以降)になると、女性ホルモンの増加に伴い、歯ぐきの出血や発赤、腫脹が起きやすくなります(妊娠性歯肉炎)。出産とともに元に戻りますが、しっかりとしたプラークコントロールで炎症を最小限におさえることができます。

引用:日本小児歯科学会ホームページ

母子手帳にも歯科検診の必要性が書かれている

テレビや雑誌といった多くの人が目にするメディアでは妊娠と歯の関係は取り上げられることは少ないですが、母子手帳にはしっかりとその重要性が記載されています。

妊娠中は虫歯になりやすいので口の中の清潔を心がけましょうと書かれています!

妊娠前に歯医者にかかって良かった理由

妊娠判明後でも歯医者にかかれますが、私は以下の理由から妊娠前で良かったと思いました。

レントゲン撮影ができた

初めてかかる歯医者だったので、レントゲン撮影をしました。これは、歯茎の中の歯の状態を確認するためです。

レントゲンを撮らなくても見える範囲内で歯の治療することは可能ですが、より正確な治療を行うためにはレントゲン撮影は行いたい検査です。

しかし、妊娠中はできればレントゲン撮影は控えたいもの。

先ほども引用で挙げた日本小児歯科学会のホームページによると、

日本で生活していると1年間で自然に浴びる放射線の量は約1.4mSvで、これは歯医者でのレントゲン撮影150枚に匹敵します。歯医者でのレントゲンは数枚の撮影なので、つまり歯医者のレントゲン撮影はほとんど影響を受けないのですが、100%安全だという保障もないですので、妊娠中のレントゲン撮影は必要最低限に留めるべきです。

と記載されていました。

仰向けが辛くない

歯医者の治療を受ける際は、椅子の背もたれが下がって体が仰向けの状態になりますよね。

妊娠していないときは何とも思わない姿勢ですが、妊娠をすると仰向けが辛くなります。

大きくなったお腹が、胃や腸、膀胱など子宮周辺の臓器を圧迫するからで、妊娠週数が進むほど影響を受けます。

ちょここ
ちょここ
安定期に入った今、お腹が大きくて本当に仰向けが辛くなってきたよ

妊娠中の仰向けの姿勢は血流を滞らせてしまうこともあるので、歯医者で治療を受ける際も気を付けなくてはいけません。

健康に対する意識を高められた

子どもの歯の健康は親の意識に左右される

久しぶりに歯医者にかかると、歯医者に対する抵抗感がなくなりました。

これは、将来親になるためにはとても大切なことだと思います。

なぜなら、親は子供の歯の健康を守る義務があるからです。

現代では、子供の口腔崩壊がニュースになっています。

兵庫県保険医協会副理事長の加藤歯科医は、

大阪府歯科保険医協会が2012年より経年的に取り組んでいる「学校歯科治療調査」では、学校歯科検診で「要受診」と診断されたにもかかわらず、歯科受診をしていない小中高校の子供の割合が、65.3%(2016年調査)と極めて高く、私達に衝撃を与えた。

引用:加藤擁一「子どもの貧困と口腔崩壊

と論文で述べています。

この論文によると、経済的な問題で歯医者に行けないこともありますが、「保護者の子の健康への理解不足」「無関心」という理由が合わせて50%近くを占めています

私はこの結果を見て、子どもを歯医者に行かせられるかどうかは、親の子どもの健康に対する意識の有無と関わっているんだなーと思いました。

「子どもの歯はどうせ生え変わるから虫歯のままでも大丈夫でしょ」ではないのですね。

歯周病菌は、歯茎にも炎症を起こします。歯茎に炎症があると、丈夫な歯は生えません。

子どもにとって歯の健康が大事な理由

丈夫な歯がないと、食べ物をうまくかめません。

人間は、顎を使うことで脳に刺激が伝わり脳のはたらきを高めることができます。

これは特に子どもや高齢者で顕著に表れ、子どもはできることが増えて高齢者は認知症になりにくくなります。

子どもにとって、噛むという行為は成長するために欠かせないことなんですね!

日本人は歯に対する意識が低い国といわれていますが、歯は人間が健康に生きるために大事な部位なので、定期的な歯科検診は欠かせません。

ちょここ
ちょここ
妊娠前に自分が歯医者に行くことで、歯の健康について考えるきっかけを作れたよ

実際の歯科検診の行き方

私は医療者であり歯科検診を受けることに抵抗はありませんでしたが、なぜか緊張したのを覚えています。

私が実際に受診までにしたことと、検診の流れを紹介します!

歯科医院を探す

自宅近所の歯科をネットで調べて、休診日や診療時間を見て自分が行けるところを候補にあげました。

予約をする

候補にした歯科に電話をしました。

ちょここ
ちょここ
あの、初めてなんですがそちらで検診を受けることはできますか?
歯科
歯科
はい!検診やっていますよ。お日にちはいつが良いですか?
ちょここ
ちょここ
〇月△日×時は空いていますか?
歯科
歯科
大丈夫です!保険証を忘れずにお持ちください
ちょここ
ちょここ
はい。お願いします

って感じで予約しました。あっという間でした。

受診する

予約した日に歯科に行きました。

エチケットとして、自宅で歯磨きをしてから行きました。

初診だったので、問診票を書きます。

「今日はどうされましたか?」の欄には、「妊娠希望中で、歯科検診を受けたい」と記入しました。

しばらく待合室で待った後自分の名前が呼ばれ、歯科医師の診察が始まりました。

歯科医
歯科医
妊娠をご希望なのですね。妊娠をするとホルモンの影響で虫歯になりやすくなるので、今から歯のチェックをするのは大切なことですよ。よく来ましたね

と褒められましたー!嬉しい!

実際に医師が歯を診る前に、レントゲン撮影をしました。

パソコンで自分の歯のレントゲン写真を見ながら、医師から「ちょここさんは親知らずが埋まっていますね。今後痛くなったら治療が必要です」と言われ、そんな状態だったのかと驚きました。

そして診察台に乗り医師が実際に歯を診て、そのあと歯科衛生士の処置を受けました。

ちょここ
ちょここ
口腔内を綺麗にすると気持ちが良い!

会計

診察時間は30分ちょっとでした。

お会計は約5000円。レントゲン撮影をしたから、予想以上に高かったです。

(以降の検診は2500円前後で済んでいます)

また、次回の検診の案内もありました。

(私は初めは3か月毎、現在は半年毎に検診に行っています)

まとめ

妊娠する前に歯医者にかかることは、メリットがたくさんありました。

自分の歯の状態を知れて歯科検診の大切さを実感しましたし、子どもの歯も大切にしなきゃという意識も持てました。

先日、妊娠安定期に入ったため歯科検診に行くと、「とても綺麗です。この調子で磨けているのなら、次の検診は産後落ち着いたときで大丈夫です」と主治医に言ってもらいました。

とても嬉しかったです!

これなら、妊娠中でも虫歯菌による悪さの心配はしなくても大丈夫そう!

妊娠前から歯科検診に行って本当に良かったと思いました。

ちょここ
ちょここ
最後までありがとう!ちょここ@chococo_timeもよろしくお願いします♪
「胎児のはなし」を読んでみた!お腹の赤ちゃんが何をしているかわかって面白い!「胎児のはなし」という本を読み、お腹の赤ちゃんが何をして過ごしているのかがわかりました。お腹の中で、産まれたあとに生きるための準備をしているんですね。妊娠中の私は、お腹の赤ちゃんが今まで以上に愛おしくなりました。妊娠中の方や家族、赤ちゃんに興味のある方にぜひ読んでいただきたい1冊です。...
「食べづわり」の私が常備した食べもの 簡単に食べられるものがおススメ!妊娠がわかってすぐ、食べづわりの症状が出た私は「簡単に食べられるもの」が家にあることがとても嬉しかったです。私がつわり中に食べられたものを紹介します。食べつわり中の妊婦さんがいる家族の方もぜひ読んでください。...
妻がつわり中!夫の行動で「神だ」と思うくらい嬉しかったこと妊娠中でつわりが辛かった私は、ある「夫の行動」がとっても嬉しかったです。今ではとても夫に感謝していて、この恩をいつか返したいと思っています。とても辛いつわりの期間だからこそ、私は夫に支えられているんだと改めて感じました。つわり中の私の夫のエピソードです。...
ABOUT ME
ちょここ
ちょここ
結婚3年目、スーパー優しい夫との夫婦仲はどんどん向上中! 現在第一子を妊娠し、夫と子どもと”ほんわか家族”を目指します* 出産前には退職し専業主婦になる予定。家族大好き! 結婚や家族のエピソードなど発信していきます♪