フォローしてブログを読む

プロフィール

父、母、娘、息子の家族4人が座っている

「ちょここたいむ」にご訪問いただきありがとうございます。

ちょここ

このブログの筆者ちょここです!

私は30代女性。

2019年8月生まれの娘と、2021年5月生まれの息子、そして夫との4人家族です。

子どもたちは1才8ヵ月差。

このブログは、1LDKで2人の子どもを育てるドタバタな毎日を日記のように綴っています。

同じく子育てに奮闘する方々と繋がれたら。
将来の子どもたちに私のことを知ってもらえたら。

そんな思いで日々書いていきます。

賃貸1LDKアパート暮らし

首都圏にある我が家は、賃貸の1LDKアパートです。

夫と結婚したときに引っ越してきたこの家。1Rと1LDKが混在する全12戸のこじんまりとしたアパート。

約50㎡で、引っ越した当時は築5年でした。

1LDKの間取り図
我が家の間取り

で、ここは家賃が月10万円を超えるのです。

1LDKで10万超えの家賃ですよ。私の地元(北海道の田舎町)にいけば、同じ専有面積だと半分の5~6万の家賃で住めます!

首都圏の家賃、高すぎませんか。

我が家が月10万以上も払って住んでいるこの1LDKの家は、夫と結婚したときに越してきました。

エレベーターのない3階建てアパートの3階でしたが、当時は共働きだったので、駅に近いことを最優先。
3階なら階段使って健康的で良いじゃん♪と。

しかし、契約時に仲介会社のスタッフさんが「この家、エレベーターがないですが大丈夫ですか」と言っていた理由に気づいたのは、出産してからでした。

そう。ベビーカーを使うのが大変!!!

今は子ども2人もいて、アパートの玄関を出るだけでも一苦労です。

じゃあ引っ越せば・・・と私たちもずっと思っていますが、なにせどこに引っ越して良いかわからない。

それに、1LDK育児も、なかなか楽しいんですよね。大変なこともあるけれど、1LDKだからこその楽しさもあって。

狭い家というのも、なかなかに良いなと感じている私です。

ついでに、自転車もなければ車もない我が家です!

子育ては夫婦だけで

私も夫も、実家はかなりの遠方。飛行機や新幹線を使うレベルです。

また、親族も誰一人私たちの周りにいません。

完全に夫婦だけで子育てをしなくてはならない環境です。

頼れるのは己のみ。

平日はワンオペ主婦、土曜日は看護師

私は第一子妊娠中に退職してから第二子を出産するまで約2年、専業主婦でした。

だから子どもたちは保育園には通っていません。

夫は会社員で朝早く夜遅い生活で、出勤前に子どもたちの顔を少し見る程度。

つまり平日は私のワンオペ育児です。頑張っています。

そして、第二子が生まれたあと、私は産後5ヵ月で仕事を始めました

・・・と言っても、ワーママです!と声高々に言えるものではなくて。

土曜日だけ、働いています。パートで。看護師。

平日は主婦、土曜は看護師!

そんな語呂のよい肩書を背負って、私は育児と仕事のある生活を送っています。

昔は助産師をしていたけれど

私は今は看護師として仕事をしていますが、昔は助産師をしていました。

お子さんのいる方ならピンとくると思いますが、読んで字のごとく、お産を取り上げる人です。

昔でいう、産婆さん。

高校生のころに助産師という職業に憧れて、助産師になりました。

しかし、私、向いていなかったんです。助産師に。

助産師を続けるのが辛くなって、精神的にも問題がでてきて、休職しました。いろいろ、ありました。

結果、助産師の世界から身を引き、今は看護師としてクリニックで働いています。

助産師は続けられなかったけど、看護の仕事は好きなんです。

「ちょここ」という名前の由来

私の「ちょここ」という名前は、ロッテのお菓子、Chococoから取りました。

これは私が高校生のとき、お弁当と一緒に母がよく持たせたくれたお菓子です。

これを見ると母を思い出し家族が繋がれている気持ちになるので、ブログ上の名前にしました。

こちらに詳しく書いています。

日記やエッセイを織り交ぜたブログを

私は日常の出来事を日記のように書くのも好きなのですが、エッセイを書くのも好きです。

1LDK4人暮らしの”わや”な生活を、私らしく綴っていきたいと思います。

もしよければ、これからも「ちょここたいむ」に遊びに来てください。

そして、ツイッター(@choco_cochan)もやっていますので、フォローして頂けるととても嬉しいです。

これからも、ちょここをどうぞよろしくお願いします。