妊娠・出産

【妊娠中】自宅安静が必要に!夫の存在に私は助けられました

ちょここ
ちょここ
こんにちは!ちょここ@chococo_timeです!

第一子妊娠中の私は、妊娠8ヶ月のころに「子宮頸管長が短め」(つまり切迫早産気味)と言われ、自宅安静を余儀なくされました。

それから夫婦2人で協力して過ごした結果、妊娠9ヶ月の健診では子宮頸管長が維持されていたため自宅安静が解除に!

きっと私は安静に過ごすことが出来たんだろう、とホッとしました。

自宅安静中の私の過ごし方や夫がしてくれたことをまとめました。

自宅安静の安静ってどこまで?

自宅安静って、どこまで安静にしたら良いの?と悩むと思います。

私は看護師をしていて、切迫早産で入院している妊婦さんも看たことがあります。

切迫早産の治療には安静が欠かせませんが、入院するとトイレと洗面以外は自分のベッド上での生活となります。

人によっては、トイレはベッド上でするくらい安静が必要な人もいます。

入院すると、もちろんですが家事は一切しませんよね。

食事は入院食が出ますし、掃除も清掃の人がやってくれます。

洗濯は院内のコインランドリーを使ったり家族にお願いすることになるので、自分で畳むことはほぼありません。

つまり、入院した妊婦さんは1日の大半をベッド上で過ごします。多くの妊婦さんは、テレビや映画を見たり、読書をして過ごしていました。

「安静」というのは、入院生活を参考にすると良いと思います。

私たちがしたこと

妊娠29週(8か月)で自宅安静が必要と言われ、私や夫がしたことです。

仕事を辞めた

私は入院するレベルではなかったですが、「自宅でできるだけ安静にしてください」と医師に言われました。

そこでまず私がしたことは、当時働いていた職場への連絡です。私はパートをしていました。

「子宮頸管長が短めと言われ、自宅安静が必要となりました。そのため、しばらくお休みをください」と上司に伝えました。

幸い、私の職場の上司はとても理解のある人で、私の体を心配してくれて今後の勤務について相談に乗ってくれました。

もともと、私は里帰りする予定で妊娠31週ごろには仕事を辞めるつもりでした。

上司と相談した結果、安静が必要になった妊娠29週の時点で退職をすることになりました。上司や他スタッフには早目の退職となり迷惑をかけてしまいましたが、皆「体が大事だよ!」と理解してくれたのが、とても嬉しかったです。

家事について夫と話し合った

我が家は、私が家にいる時間が長いので家事の大半を私が担っていました。

しかし、自宅安静となると家事も制限されてしまいます。

なるべく少ない動きで家事ができるように、夫と相談した結果以下のようになりました。

  • 食材や日用品の買い物は、ネットスーパーを利用する。
  • ご飯は簡単なものにし、長時間キッチンに立たない。
  • お風呂掃除やゴミ出しは、お腹に負担がかかるので全て夫に任せる。
  • 掃除機は毎日かけなくても良い。

これらをすることで、私は安静をとる時間を確保できました。

この中でも特に、ネットスーパーがとても助かりました。

我が家は3階建ての3階で、エレベーターがありません。

自宅安静を言われる前は、ほぼ毎日近所のスーパーで買い物をしていました。

いくら近所でも、食材を持って3階分の階段を上がるのって、結構キツイんですよね。妊娠してからは毎日息切れしながら階段を上がっていました。

それが、ネットスーパーを利用すると、玄関まで届けてくれるので、体がとても楽になりました!

ちょここ
ちょここ
買い物1つでも、自分がお店に行くのと家まで届けてくれるので、こんなに違うんだなと思ったよ

自宅での過ごし方

自宅安静中の私の家での過ごし方は、「横になる」か「座っている」ことがほとんどでした。具体的にしていたことは、

  • テレビを見る
  • AmazonPrimeで映画等を見る
  • Kindleで読書をする
  • スマホをいじる
  • お昼寝をする

でした。横になった状態でできることって、限られるんですよね。

横になった状態でパソコンで映画を見るのも、丁度良い体勢を見つけるのに苦労しました。

ちょここ
ちょここ
医学的に自宅安静が必要なのはわかっているんだけど、横になってばっかりで罪悪感があったのも事実・・・

夫と協力できたから乗り越えられた

私が自宅安静が必要と言われたとき、夫はすぐに危機感を抱いてくれました。

「それって大変じゃん!無理しないで!横になってることが今のちょここの仕事だよ!」と声をかけてくれました。

また、自宅で私がちょっと掃除をすると、「ダメ!ちょここは横になってて。俺が代わるよ」と言って自ら家事を引き受けてくれました。

私からも、「ここが気になって掃除をしたいんだけど、お願いできるかな?」というように夫に依頼しました。私もしてほしいことを口に出すことで、「なんで気づかないの!」というストレスを抱えることなく過ごすことができました。

自宅安静が必要という危機感を一緒に抱けたこと、そして行動で協力を示してくれたことで「夫と一緒なら頑張れそう」と私は強く思いました。

おかげで悪化がなく妊娠を継続でき、安静解除に至ることができました。夫の存在があったからこそ、乗り越えられたと思います。

危機に直面したとき、夫婦で話し合うこと、してほしいことは口に出すこと、つまりコミュニケーションが大事だと実感しました。

 

ちょここ
ちょここ
最後までありがとう!ちょここ@chococo_timeもよろしくお願いします♪
妻がつわり中!夫の行動で「神だ」と思うくらい嬉しかったこと妊娠中でつわりが辛かった私は、ある「夫の行動」がとっても嬉しかったです。今ではとても夫に感謝していて、この恩をいつか返したいと思っています。とても辛いつわりの期間だからこそ、私は夫に支えられているんだと改めて感じました。つわり中の私の夫のエピソードです。...
トコちゃんベルトⅡの色で迷ったら?ネイビーをおススメする理由妊娠してからずっと「トコちゃんベルトⅡ」を使っています。私は購入時にネイビーとホワイトで迷いホワイトを購入しましたが、3か月使い続けた今、「ネイビーにすれば良かった」とちょっぴり後悔しています。ホワイトを買って後悔した理由をまとめました。...
【妊娠中】赤ちゃんの心音を聞くために聴診器を買うのは無駄だと思った「赤ちゃんの心音が聞ける」とマタニティグッズ売り場で売っている聴診器。数千円から買えますが、本当に聴診器で心音は聞けるのでしょうか。医療用の聴診器で妊娠15週から毎週心音を探していた私の体験談と感想です。...
ABOUT ME
ちょここ
ちょここ
結婚3年目、スーパー優しい夫との夫婦仲はどんどん向上中! 現在第一子を妊娠し、夫と子どもと”ほんわか家族”を目指します* 出産前には退職し専業主婦になる予定。家族大好き! 結婚や家族のエピソードなど発信していきます♪