結婚式

「両家顔合わせ」って何をするの?良かったことと失敗したことの体験談!

結婚することになったら、それぞれの家族が集まる「顔合わせ」をすることがあるかと思います。

私と夫の場合は、それぞれの両親は「顔合わせ」の場で初めて対面しました。

今となってはとても良い思い出ですが、顔合わせをする前は「顔合わせって何をするの?」「どんな準備が必要なの?」とわからないことだらけでした。

今回は、私の「両家顔合わせ」の実際をご紹介します。少しでも参考になれば嬉しいです!

こんな方におススメ
  • 結婚が決まっている
  • これから顔合わせをする予定
  • 顔合わせの実際について知りたい

会場選び

私たちは結婚式場をホテルにしましたが、両親が結婚式場となるホテルの下見ができるようにという理由で、そのホテル内のレストランを両家顔合わせの会場にしました。

私たちがホテルウェディングにした経緯は、

>>【結婚式】どこでやる?ホテルウエディングで大正解だったこと!

で詳しく書いています!

私も夫も実家は地方なので、結婚式をするホテル周辺の土地勘がありません。そのため、事前に場所やホテルの雰囲気を知っておいてもらいたいなと思いました。

結婚式ができるレベルのホテルということもあり、ホテル内にあるレストランの種類もカジュアルなものから高級なものまで揃っていました。

私たちが会場選びで優先したこと
  • 個室がある
  • 落ち着いた雰囲気
  • 椅子がある

両家顔合わせは、周りの目を気にせず家族だけで話せる場にしたかったので、「個室があること」を優先してレストランを探しました。そして、できればレストランの雰囲気も静かで落ち着いているところが良いなと思いました。

また、椅子に座って料理を食べられるかどうかも気にしていました。

私が長時間の正座が苦手なことと、女性陣はスカートを着るだろうと思ったことが理由です。

式場となるホテルには、これらの条件を満たす「和食のレストラン」があったので、私たちはそこを両家顔合わせの会場に決めました!

ちょここ
ちょここ
そこのレストランでは、両家顔合わせのプランがあったのも決め手になったよ

顔合わせの内容

私たちの顔合わせでは、「結納」はしていません。「両家顔合わせの食事会」といった感じです。

顔合わせ前にそれぞれの両親に聞いたところ、どちらの両親も正式な結納についてこだわりはありませんでした。

正式に結納をすると準備のための時間やお金がかかるので、簡潔なものにしようと思いました。

私たちは、「両家顔合わせの食事会」という名目で、夫と夫両親、私と私両親の計6人で集まりました。

私たちの顔合わせの流れを紹介します。

私たちの顔合わせの実際
  1. 夫から挨拶&夫両親の紹介
  2. 私から挨拶&私両親の紹介
  3. 夫の音頭で乾杯
  4. 会食&歓談
  5. 婚姻届記入捺印
  6. 結婚指輪披露
  7. 写真撮影
  8. 夫父親から挨拶

あまりかしこまらない会にしたいと思っていたのですが、個室だったこともあり、始めるときは緊張しました。(特に夫)

それぞれの両親はこの顔合わせで初めて会ったので、両親も緊張していたと思います。

しかし、食事が出て少しずつ話はじめると、思いの他盛り上がって予定時間をオーバーするほどでした・・・!(後述)

両家のことがわかるパンフレットの作成

私は、話のネタになるしあとで見返すこともできるという理由で、両家について簡単に紹介したパンフレットを作って顔合わせに挑みました。

パンフレットに書いたこと
  • 夫と私のプロフィール
  • 夫家族と私家族のプロフィール
  • 私たちの馴れ初め
  • 今後の予定(結婚式や新婚旅行の時期)
  • 私たちの新居の住所と連絡先

A4サイズで8ページ分のパンフレットを作りました!

このパンフレットのおかげで、「みんなA型なんですね」とか「ご兄弟さんは〇〇をしているんですね」など、話が盛り上がりました。

また、結婚式の日にちや新婚旅行の時期などを改めて文字に起こして伝えることで、それぞれの家族に間違いなく伝達ができたと思いました。

ちょここ
ちょここ
私両親も夫両親も、今でもパンフレットを大切にとっておいてくれているようで、作って良かったと思ったよ!

婚姻届の証人の欄へのサイン

私たちは、婚姻届の証人をそれぞれの父親に書いてもらいたいと思っていました。しかし、私も夫もすぐ実家に帰れる距離ではないため、この顔合わせの場に婚姻届を持っていき、サイン&捺印をしてもらおうと考えました。

顔合わせ当日は、食事が落ち着いたころにサイン&捺印してもらいました。

ちょここ
ちょここ
証人欄への記入のことは事前に伝えていたので、ハンコをもってきてもらったよ

サイン&捺印をしてもらうと、いよいよ結婚するんだな~って感じがしました!

婚姻届の証人を家族にしたいけど、なかなか会えないという人は顔合わせの場で書いてもらうのも良いかと思います(^O^)

写真撮影

婚姻届の証人欄にサイン&捺印したあと、レストランのスタッフさんにシャッターを押してもらって、6人全員で写真撮影をしました。

今でも見返すことがあるくらい、このときの写真は思い出がいっぱいです!家族になるんだなと感じた瞬間です。

とても良い写真だったので、結婚式のときに流す映像にも使いました。

自分たちとそれぞれの両親だけが会うという場面ってなかなかないと思うので、貴重な記録ができました。顔合わせのときは、絶対に写真を撮った方が良いです!!

両親の衣装選び

私たちは、顔合わせのあとにホテル内の衣装室に行きそれぞれの両親の結婚式当日の衣装を選ぶ予定を立てていました。

これも、式場のホテルで顔合わせをしたメリットだと思います!

私も夫も実家が遠方なので、始めは私たちが親の衣装を写真に撮って送り、その中から選んでもらおうかなと思っていました。しかし、式場のホテル内で顔合わせをすることになったので、じゃあその日に衣装を選んでもらおう!となったわけです。

特に父親はシャツの首回りのサイズとかズボンの長さとか細かい調整があったので、実際に試着してみて良かったです!!

ちょここ
ちょここ
衣装選びは親も楽しんでくれたよ

失敗したこと

顔合わせ自体は盛り上がって終了したのですが、とっても大きな失敗がありました。

それは、話が弾みすぎて料理が進まなかった(時間が押してしまった)ということです。

料理はコース料理だったのですが、コース料理って大体食べ終わらないと次の料理が出てこないですよね。親同士が話に夢中になって、なかなか料理を食べる余裕がありませんでした。そのため、スタッフさんは新しい料理を持ってこられず・・・

ちょここ
ちょここ
扉の向こうから、スタッフさんが中の様子をちょくちょく見てるのがわかったよ

顔合わせは2時間の予定でしたが、結果的に45分くらい押してしまいました。

顔合わせだけだったら多少時間が押しても大きな影響はなかったと思いますが、私たちは顔合わせの後に先述した親の衣装選びをする予定でした。衣装室は予約制のため、結果的に衣装選びの時間が少なくなってしまいました。

特に私の親は、帰りの飛行機の時間も迫っていたため、慌ただしくホテルを出ることになり・・・

私の時間管理が甘かった!と反省しました。

顔合わせ中、親たちにはさりげなく「料理を食べてくださいね」と促していたのですが、レストランのスタッフさんにも「どんどん料理を出してください」と言えば良かったかな。

まとめ

私たちは、私も夫も実家が地方であったので、結婚式をする予定のホテルの中にあるレストランを会場にしました。

結婚式場の下見も兼ねて、ということです。

それぞれの両親が初めて会う場面で少しでも話が盛り上がるようにと、私はそれぞれの家族のプロフィールを書いたパンフレットを作りました!これはお互いの家族に大好評でした!

ただ、予想以上に盛り上がりすぎて予定時間をかなりオーバーしてしまい、顔合わせ後のスケジュールが崩れてしまったのは失敗でした。

緊張した顔合わせですが、今となっては良い思い出です!

【体験談】ブライダルフェアの流れ私たちは結婚式場を決める前にブライダルフェアに参加しました。「ブライダルフェアってどんなことをするの?」とブライダルフェアについて興味のある方へ向けて、フェアでの体験談をまとめました!ブライダルフェアはとっても楽しかったですよ!...
【結婚式】どこでやる?ホテルウエディングで大正解だったこと!結婚式場の種類で迷っている方へ。私はホテルウエディングを行いましたが、宿泊ができるので地方からくる家族の準備がとても楽で大好評でした!そのほかにも、ホテルウエディングにして良かったと思うポイントをまとめています。...
結婚式ってするべき?結婚式から1年が過ぎた今思うことカップルや新婚のみなさん、結婚式に興味はありますか?結婚式に興味があるけれど、するべきかどうか迷っているという方へ向けて、私の体験談からメリットとデメリットをまとめました!結婚式をするかどうかの参考にしていただきたいです。...
ABOUT ME
ちょここ
ちょここ
結婚3年目、スーパー優しい夫との夫婦仲はどんどん向上中! 現在第一子を妊娠し、夫と子どもと”ほんわか家族”を目指します* 出産前には退職し専業主婦になる予定。家族大好き! 結婚や家族のエピソードなど発信していきます♪