フォローしてブログを読む

リリワゴンはワンオペお風呂にも便利だった

我が家は、平日は夫の帰宅が遅いので私が子どもをお風呂に入れています。

ワンオペお風呂で多くの方が悩むのが、「自分が洗っているときの子どもの待機場所」だと思います。

我が家ではミニベビーベッドであるリリワゴンを使っているのですが、リリワゴンはワンオペお風呂のときも大活躍でした。

その様子を写真付きで紹介します。

目次

リリワゴンは狭い脱衣所でも入る

我が家は1LDKで、家の中が全体的に狭いです。

娘は里帰りで帰ってきた生後1カ月半のころからリリワゴンで寝ていました。

https://chococotime.com/liliwagon

リリワゴンはキャスター付きのため、家の中をスイスイ移動できます。

家の脱衣所にもぴったり入りました。

私が浴室にいるときの様子

私のワンオペお風呂の順序は、先に私が浴室で自分の髪や体を洗い、ドライヤーを済ませたあと、娘を洗います。

私が浴室にいるときは、リリワゴンに娘を寝かせて脱衣所に連れて来ます。

浴室からの目線はこんな感じです▼▼

自分が洗っているとき、たまに浴室のドアを開けてこのように娘の様子を確認しています。

[chat face=”prof1.png” name=”ちょここ” align=”left” border=”none” bg=”red” style=”maru”]リリワゴンに寝かせていれば、床の冷気からも防げるので助かったよ[/chat]

私のドライヤー中の様子

次に、私が浴室から出てドライヤーをかけるときの様子です。

リリワゴンは移動せずそのままで、娘がしっかり見えます▼▼

ドライヤーをしながら娘に声をかけたりできます。

[chat face=”prof5.png” name=”ちょここ” align=”left” border=”none” bg=”red” style=”maru”]距離が近いから、髪の毛がリリワゴンの中に入ることもあったけど[/chat]

娘の入浴前後でもリリワゴンがあると便利

上記の写真のように、私の入浴(というかシャワー浴)が済んだ後、リリワゴンの上で娘の服を脱がせて浴室に行きます。

[jin-iconbox03]このとき、リリワゴンの上に新しいバスタオルを置いておきます。[/jin-iconbox03]

娘を洗った後、浴室内にあるタオルで軽く体を拭き、浴室から出てリリワゴンに置いたバスタオルの上に娘を乗せます。

[chat face=”prof1.png” name=”ちょここ” align=”left” border=”none” bg=”red” style=”maru”]ここでしっかり体が拭ける![/chat]

ただ、リリワゴンの高さは微妙で、ワゴン内で長時間の作業は難しいです。

そのため、バスタオルで娘を包んだままリリワゴンをリビングへ移動させ、マットに降ろしてゆっくり保湿や着替えをしています。

[chat face=”prof6.png” name=”ちょここ” align=”left” border=”none” bg=”red” style=”maru”]広い方が私も娘も良いよね♪[/chat]

リリワゴンは小さ目で移動できる簡易ベビーベッドなので、入浴前後の「ちょっと娘を置きたい」というときにも便利でした。

リリワゴン、あって良かったと思いました。

ただ、リリワゴンは月齢が低いときまでしか使えません。

寝返りをするようになると、お風呂のやり方も変えないとなぁと思っています。

https://chococotime.com/liliwagon

https://chococotime.com/liliwagon-sheets

https://chococotime.com/bathchair

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる