不妊治療

リセットのたびに泣かないメンタルを作った方法

ちょここ
ちょここ
こんにちは!ちょここ@chococo_timeです!

不妊治療を経て妊娠した私は、不妊治療中はリセットするたびに声をあげて泣いていました。

トイレにこもって、出血をガン見して、今月もダメだったと自分を責める・・・

妊娠を望む方なら、どなたでもそういう気持ちになったことがあると思います。

私は、不妊治療を始めてしばらくすると、もちろんリセットするたびに悲しい気持ちになりますが、泣くことはなくなりました。

リセットのときに泣かないで過ごせると、いろんなことを前向きに捉えられるようになりました。

私がどうやってリセットのときに泣かないメンタルを作ったのか、その方法をご紹介します。

リセットのたびに泣いていた理由

今振り返ってみて、リセットのたびに泣いていたのはなぜだったのか、改めて考えてみました。

自分達の子どもに会えない悲しさ

やはりこれが一番です。

リセットしたら、その分自分達の子どもに会える時期が先になってしまいます。

私と夫の子どもに会いたい。子どもはどんな顔や声をして、どんなことに興味を持つんだろう。子どもの成長を側で見ていたい。

こんなに自分達の子どもに会いたいのに、リセットするとその夢が絶たれたように思えてしまいました。

ちょここ
ちょここ
1日でも早く会いたいのに、会うことができないのは本当に悲しかった

自分はダメな女だと責めてしまう

自責の念からも涙が出ていました。

それは主に夫に対してで、「相手が私じゃなかったら、夫はもっと早く子どもを持てたかもしれない」と考えてしまいました。妊娠できない私でごめんなさい、という気持ちになって辛くて泣いていました。

さらに、周りの友人や知人から妊娠出産したという報告を聞いて、私も同じ女なのになぜ妊娠できないのかと自分を責めたこともあります。

人間って、自分を責めたり否定すると、辛くて涙が出るものですね。

治療に対するもの

リセットしたら、また治療を始めなければなりません。

  • 受診にかかる時間
  • エコー検査や採血、注射など処置に伴う痛み
  • 治療費

のことを考えると、「またあれをやるのか・・・・」と辛くなりました。

特に、エコー検査の気持ち悪さや、採血や注射といった「体の痛み」のことを思い出したら恐怖になりました。また、あんなにお金を払ったのにという「経済面」からも、効果がなかったことが悔しくて悲しくなりました。

リセットのときにしたこと

リセットのたびに毎月泣いていた私ですが、そんなときにどうやって過ごしていたかをまとめました。

ひたすら泣く

不妊治療を始めて半年近く経つまでは、とにかくリセットのたびに泣いていました。

家に1人のときに、声をあげて思いっきり泣きました。

「何でだよー」とか「どうして」とか独り言も言ってました。

このように声を出して泣くっていうのが私のポイントでした。

声を出してわんわん泣くと、泣き疲れるんです。(赤ちゃんみたいですけど)

ちょここ
ちょここ
泣くことに疲れたら、その周期はもう泣かなくなったよ

好きなDVDを見たり本を読む

リセットして思いっきり泣いたら、DVDや映画を見たり本をたくさん読みました。

何かに集中していると「妊娠」について考えることが減りました。

考えすぎは余計にストレスになりますから、程よく妊娠のことを忘れられる時間になりました。

自分が他にやるべきことを見つける

人間はロボットではないので、どんなに検査や治療をしても原因がわからないことはたくさんあります。

別に何か宗教を信じているわけではありませんが、妊娠する時期は神様が決めているから自分にはこれ以上どうしようもできない、と思うようにしました。

妊娠するときはするし、しないときはしない。

「私が今妊娠しないのは、私が他に何かやらなければならないことがあるからだ」と思うようにしていました

親になるために必要な知識を補う時間かもしれない。

将来に役立つ仕事をする時期かもしれない。

どんなことでも良いから、リセットしたその周期に新しくできたこと・学んだことを何か1つ作るようにしました。

メンタルを強くしたあとの過ごし方

このように、リセットのたびに泣いたり映画を見たりして過ごしていた私。

1年くらい経つと、急に私はリセットした周期は「自分が親になるための準備期間」だと思うようになりました。

そして、リセットしたときは親になるために必要な知識や心構えなどを勉強して過ごしました。

例えば、

  • 子育て中にかかるお金のこと
  • 保険のこと
  • 料理のレパートリーを増やす
  • 子どもが犯罪に巻き込まれたときの対処法
  • 子どもがケガをしたときの対処法

など・・・・

図書館で本を借りて、毎週1冊は本を読みました。

その時に考えているのは、「今自分に子どもがいたとして、子どもがこうなったときに自分は対処できる知識があるか」ということ。

例えば、子どもがビー玉を飲み込んでしまったとき、どうやって吐き出させるか?といったことに自分が行動レベルで知っているかどうかを考えるようにしています。

もちろん子育てをしながらでも勉強はできますが、妊娠前から知っていて損はない内容のはずです。

それに、子どもが産まれたあとは、2-3時間毎の授乳など新生活に必死で、改めて勉強をする時間をとるのはとても難しいと思っています。

リセットしたときに、本を1冊でも読むようにするだけで、子どもが産まれる前に親としてたくさんの知識を持てるようになると思いました。

泣かないメンタルを作ったもの

私が「リセットのたびに泣かないメンタル」を作った要因は、時間が大きいと思います。

泣いた時間も自分を責めてしまった時間も、今では必要なことだったのかなと思っています。

その時間があったからこそ、自分が親になるための準備期間だと思うことができました。そして、リセットの悲しみを忘れるくらい勉強に没頭することで、泣かないメンタルを持つことができました。

当時はとてもつらかったですが、どんな経験も自分に必要なものだったんだと思うようにしています。

ちょここ
ちょここ
最後までありがとう!ちょここ@chococo_timeもよろしくお願いします♪
不妊治療専門クリニックへのイメージが、がらっと変わった話不妊治療専門クリニックに対して、なんとなく「怖い」「ピリピリしてそう」というイメージを抱いていた私。そのイメージが受診を遠のばしにしていた理由の1つでしたが、実際に受診してみると、普通の病院と変わらない雰囲気で拍子抜けしました。その時の話をまとめています。不妊治療専門クリニックの雰囲気に怖いイメージのある方は、そんな心配はいらないと思いました。...
不妊治療費 正社員&パートの我が家のやりくり不妊治療を経験した私たち夫婦。治療当時は、夫は正社員、私は扶養内パートで働いていました。私たちの家庭では、不妊治療費は「私の給料から払う」というスタイルを取りましたが、そこに至るまでの経緯や考え方をまとめました。...
妻がつわり中!夫の行動で「神だ」と思うくらい嬉しかったこと妊娠中でつわりが辛かった私は、ある「夫の行動」がとっても嬉しかったです。今ではとても夫に感謝していて、この恩をいつか返したいと思っています。とても辛いつわりの期間だからこそ、私は夫に支えられているんだと改めて感じました。つわり中の私の夫のエピソードです。...
ABOUT ME
ちょここ
ちょここ
結婚3年目、スーパー優しい夫との夫婦仲はどんどん向上中! 現在第一子を妊娠し、夫と子どもと”ほんわか家族”を目指します* 出産前には退職し専業主婦になる予定。家族大好き! 結婚や家族のエピソードなど発信していきます♪