育児

夫が育休を2か月取得。我が家の第二子出産前後の様子

2021年5月に第二子を出産しましたが、今回の出産に当たり、夫が育休を2か月取得しました。

私が専業主婦、両実家が遠く(コロナ禍だったので)サポートが望めない中で、夫だけが頼りだった我が家。

2ヵ月という期間は長すぎず短すぎず、丁度よかったと感じています。

夫が2ヵ月の育休を取得した、我が家の様子を紹介します。

専業主婦、4人家族。実家は遠い。

まず、現在の我が家の家族構成は、私と夫、2歳と今年5月に産まれた0歳の子どもの4人暮らしです。

私が専業主婦、夫は会社員。
子どもは保育園に通っておらず、私がみています。

私も夫も実家が遠く(飛行機や新幹線を使う距離)、身近に頼れる親族は全くいません。

そんな我が家、2020年秋に私の第二子妊娠が発覚。

第一子は里帰り出産をしましたが、コロナ禍ということ、実家の両親も働いていることもあり、今回は現居住地で出産することにしました。

しかし、第一子のときと違って今回は「出産前後で上の子をどうするか」という問題がありました。

出産前は一時保育、出産後は夫が頼り

私が臨月に入ってから、上の子は一時保育に預けました。

【第二子出産】一時保育を利用して良かった感想&持ち物紹介周りに頼れる人がいない中で臨む専業主婦家庭の第二子出産。出産時の上の子の居場所を確保するために、我が家では認可保育園の一時保育を利用しています。一時保育を利用した感想や持ち物を紹介します。...

実際に陣痛が来たのは土曜日の朝で夫が休みだったのですが、この一時保育のおかげで「いつ陣痛が来てもいいぞ!」と安心してお産に臨めました。

あと初めて保育士さんと関わって、保育士さんすごいって思った。

第二子を出産し、私の入院中から夫の育休がスタート。

夫は丸2か月の育休を取得しました。

我が家の場合、夫の育休取得目的は「上の子のお世話と家事」です。

私は授乳で新生児につきっきりになるし、出産直後で体力がない中、上の子(2歳)の相手をするのは不可能です。
祖父母のサポートもないし、頼れるのは夫しかいない!

ということで、私の妊娠初期の段階から我が家は産後に夫の育休取得が必須という結論が出ていました。

職場で初の男性育休取得。夫が育休を取るまで

実際に夫が職場の上司に育休取得希望の旨を伝えたのは、妊娠中期のころでした。

夫の会社では過去に男性が育休を取得した例がありません。
夫は初の男性育休取得者となるわけで、職場での風当りや手続きの面で不安があったようですが、上司の理解があり、育休をとること自体は問題がなかったようです。

(上司の理解があったのは本当にありがたかったです。)

ただ、夫の場合、育休中に仕事を引き継いでくれる人を見つけるのが大変だったようでした。

幸い夫の育休取得前に中途採用の人が入職し、仕事はその人に引き継げたので夫はスムーズに育休に入れたのですが、夫曰く「その人が入職してなかったら、育休取れなかったかも」とのことでした。

ちょここ
ちょここ
ここは仕事の特性とかありますからね・・・スムーズに引き継げる職種と、そうでないのと。我が家の場合は幸運でした。

私たちは、初め夫の育休期間は3ヶ月と考えていました。何かと「産後3か月」というのは一つの区切りだと思ったからです。特に根拠とかはなく。

それが「2か月」にしたのは、経済的理由です。

夫が育休に入る間、給料は入りません。あとで育児休業給付金が入りますが、それまでは貯金でやりくりします。

第二子出産当時、我が家にはそこまで貯金の余裕がなく・・・・

育児休業給付金がいつ入るか定かではなかったので、育休は2か月にしました。

そう、貯金があったら、夫の育休はもっと長かったと思います。

育休期間を夫婦間で話し合って決め、夫は少しずつ仕事の引継ぎをし、出産後すぐ(土曜日の出産だったのでその直後の月曜日から)夫は育休に入りました。

育休中の我が家の生活

私が退院し自宅に戻ったあとは、上の子のお世話と家事は夫がやりました。

私は新生児の世話担当。新生児のお世話以外はほとんど寝ていました。

ちなみに夜も私が新生児の担当です。上の子のお世話があるため夫に寝不足になってほしくなかったので、私の希望で夫は夜はぐっすり寝てもらうようにしました。

育休中の夫の1日は、(だいたいですが)

7:00  起床、朝食、上の子の身支度
9:00  掃除洗濯など
10:00  上の子と公園で遊ぶ
13:00  帰宅、昼食
13:30  上の子お昼寝
14:00  下の子沐浴(夫婦で)
15:00  上の子起床、おやつ、お散歩
17:30  夕食
18:30  上の子と入浴
20:00  上の子就寝
24:00  自分就寝

といった流れで生活していました。
上の子中心の生活スタイルです。

私は出産直後は家のことに関しては戦力外だったので(体力もないし精神的に余裕がなくて)、家事も全て夫がやっていました。

この生活は、産後3週間くらい続きました。

3週間くらい経つと、私の体力が少しずつ回復してきて(出産による痛みがなくなってきた)、ずっと寝てるのが申し訳なくなってきたんです。

そこで私はまずお皿洗いから家事復帰し、産後1カ月を迎えて掃除機がけを担当するようになりました。

そこから少しずつ私の分の家事も増やしていきましたが、上の子のお世話は育休中ずっと夫がやっていました。

ちょここ
ちょここ
そのおかげか、ママっ子だった上の子は「パパ~」とパパに懐くようになりました

産後1カ月半が過ぎ、夫の育休明けが見えてきたところで、子ども2人を連れた外出の練習をしていき。
夫が家にいるあいだに、「夫が仕事を始めても大丈夫」と思えるような(私の)心の準備が必要でした。

(あとは、夫の育休中の間に家の中を整理したり!)

我が家は2か月の育休で丁度良かった

夫は2か月の育休を取りましたが、我が家は2か月で丁度良かったです。

私の感想ですが、まず、最初の1ヵ月は「私の体力回復期間」になりました。
ほとんど布団で寝ていたので、体力の回復はスムーズだったと自分では思います。
出産の傷が少なかったのも大きかったですが。

そして次の1ヵ月は「私が2人の子どもの世話をする準備期間」でした。

夫と一緒に、私が2人の子どもを連れて外出する方法をシミュレーションし(実際に公園に行ってみたり)、外出時に必要な物品だったり気を付けることなど話し合いました。

そのおかげで、「なんとかなりそう」と夫の育休明け後の生活を前向きに捉えることができました。

本音を言えば、もっと長く育休はとってほしかったです。せめてあと1ヵ月・・・下の子の首がすわるまで・・・

でも、もし夫があと1ヵ月育休を取ったとしても、逆にやることがなくて時間を持て余していたかもしれません。貯金を減らしてこれだったら悲しい。
なので、2か月の育休のあとは時短で早い時間に帰宅、というのが一番良かったな~と思っています。
(でも夫の仕事上それが難しく、育休明けからすぐ、帰宅は遅くなりました)

いろいろ考えると、我が家の場合は、2か月の育休で丁度よかったです。

夫の育休中に何度も泣いた

私は体の回復は早かった(と思っている)ものの、精神的な回復は産後5ヵ月経った今、やっと落ち着いてきたという感じです。

夫の育休中2か月の間、何度も泣きました。

最初に泣いたのは、産後2週間目くらいのとき。
夫が風邪で寝込んだことがありました。
私は「2人見れるから大丈夫だよ。いいよ、寝てて」と言って、夫を寝室へ向かわせました。
次に夫が起きてくるまで、大体3時間くらいだったのですが、自分1人と2人の子どもとリビングで過ごしていたら、パニックになって泣きました。

起きてきた夫、私が泣いていることに驚き。

私が泣いた理由は、子ども2人が同時に泣いて、どうしてよいかわからなかったから。

今なら子ども2人同時に泣いても「あー、はいはい。ちょっと待ってて」と受け止めることができますが、当時は2人分の泣き声を聞いただけで感情が高ぶる。わーーーーーっと涙が出ました。

頭が混乱していたんですね。今思っても、産後の精神状態は本当に不安定です。どこで自分が泣くかわかりません。

その後も、もう大丈夫かな?と思っていても、ふとしたことで(主に上の子の泣き声がきっかけで)涙が出ました。

上の子が可愛くない、と思ったこともあり、そんな自分への罪悪感と子どもへの申し訳ない気持ちでまた泣き。

夫がいたので、そんなときは私は子どもたちから離れるようにしていました。

体が回復したように思っても、産後の精神状態が落ち着くまでは時間が必要です。こういう場面でこそ、夫の存在が必要だと感じました。

次も夫に育休を取ってもらいたい

私は、今回夫に育休を取ってもらって良かったと思いました。

上の子のお世話と家のこと、私のメンタルケア。

出産という人生の一大イベントを家族皆で乗り越えたという意識を持て、家族の絆は確実に深まりました。

今回はコロナ禍がきっかけで夫の育休取得となりましたが、もし、次、第三子を出産することがあったら、また夫に育休をとってもらいたいです。

そのためにしっかり貯金をしておこう・・・

育休後の夫の育児参加率も格段に増えました。
育休は良いきっかけになったな~と実感しています。

これからの世の中、育休を取得する男性がもっと増えていけたら良いです。
私たちの子どもが子育てをする時代には、それが当たり前の世の中になっててほしいな。

 

ABOUT ME
ちょここ
1才8ヵ月差の2才娘と0才息子を育てるアラサー。平日は主婦、土曜日は看護師。首都圏の賃貸1LDKにて家族4人で暮らしています。持ち家なし、車なし、自転車なし。そして家はエレベーターなしアパートの3階。不器用でいつも遠回りしちゃうけど人生まだまだこれから。いつかの3人目を夢見て。
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です